「しみ」と化粧の関係

ほとんどの女性は、ほぼ毎日化粧をされると思います。

間違った化粧で、「しみ」が起こることがあります。

お肌に合わない化粧品は、絶対に使ってはいけません。
塗ったときに刺激を感じるような化粧品は避けてください。

お肌は、強い刺激を受けると色素細胞が沈着しますので、刺激を感じる化粧品やお肌を強くこするなどの刺激は絶対に避けましょう。

ファンデーションを塗るとき、パフで強くこすることで「しみ」ができることがあります。
軽度の場合は、こするのをやめるとやがて「しみ」は消えてなくなりますが、さらに肌への刺激が続いた場合、なかなか取れない「しみ」に移行しますので、刺激が続くことは絶対に避けてください。

荒れたお肌に化粧をすることも避けなくてはなりません。間違った対策をとることは、「しみ」を増やす結果になります。
お肌が荒れたときは自分で判断せず、必ず医者の診察を受けてください。

化粧品は、お肌にダメージを与えます。家に帰ったら、すぐに化粧を落としてください。
化粧をしたまま寝るのは絶対にやめましょう。

【化粧品を使うときの注意点】

・自分に合った化粧品を見つける
・刺激を感じる化粧品は使わない
・お肌を強くこすらない
・お肌が荒れたときは医者の診察を受ける
・化粧をしたまま寝ない

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。