お肌にいい成分 / コラーゲン

お肌のハリと弾力にはコラーゲンが重要な役割を果たします。
コラーゲンは、たんぱく質とたんぱく質をつなぐ成分ですので、不足するとたんぱく質のつながりが弱くなります。
その結果、お肌の弾力やハリがなくなり、しわやたるみの原因になるのです。

コラーゲンを補給するには、外側からではなく内側からです。
内側から栄養を摂るというと、鶏肉、ゼラチン、フカヒレ、サプリメントやコラーゲンボールなどがあげられます。

これらの食品を摂ると、そのままコラーゲンとして吸収されると勘違いされている方もおられると思いますが、口から摂取したコラーゲンがそのまま肌のコラーゲンになるわけではありません。

コラーゲンを食べると胃腸の中でアミノ酸に分解されて吸収されます。アミノ酸は体の中で、必要に応じてなんらかのたんぱく質に作り変えられます。その際に、肌のコラーゲンとして使われる場合もありますが、ほかのたんぱく質として使われることの方が多いのです。

コラーゲンを摂ってもコラーゲンとして吸収される量はごくわずかですが、コラーゲンを摂ると肌の水分量がアップしますので、お肌の潤いを感じることができます。それがハリがでたと勘違いする原因なのですが、お肌が潤うことは良いことですので、積極的にコラーゲンを摂るようにしましょう。

コラーゲンはビタミンCと一緒に摂ると作り出される量がアップすると実験で証明されています。料理を少し工夫して、コラーゲンとビタミンC一緒に摂りましょう。

お肌のコラーゲン補給としてもう1つ思い浮かべるものがありますね。
コラーゲン配合化粧品です。

はっきり言いますが、コラーゲン配合化粧品ではコラーゲン補給はできません。
コラーゲンは分子が大きく、角質層を通過できないため、お肌の表面に張り付くだけです。

ただ、コラーゲン配合化粧品がまったく何の効果もないわけではありません。

コラーゲン配合の化粧品は保湿力が高く、お肌の乾燥を防いでくれます。
これは実験で明らかになっている事実です。

乾燥肌の人は効果があると言えるでしょう。

近年、ナノテクノロジーの進歩により、ナノコラーゲンという言葉を聞きます。
普通のコラーゲンよりも分子量が小さく、肌への浸透力をアップさせているようですが、自分で体内で生成したコラーゲンでなければお肌に定着することはありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。