紫外線の影響を受けやすい部位

顔、手の甲、腕などは、直接日の光を受けやすく、紫外線の影響を受けやすい場所であるため、「しみ」ができやすい部分であるといえます。

とくに顔は、気温や湿度の影響を受けやすく、とても乾燥しやすい場所です。

女性の場合、ほぼ毎日化粧をしますので、さらに顔への負担は増加します。
家に帰ったら、すぐにお化粧を落とすこと。毎日のちょっとしたことが、お肌の負担をやわらげます。

部屋が乾燥していたら、加湿器を利用するのもお肌にはとてもいいことです。

お肌に悪いことを少しでも排除していくこと、つまり、「お肌に悪いことを知る」ことが、しみ・そばかすを防ぐ最大の近道です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。