「しみ」の種類 / 太田母斑(青あざ)

正確に言うと、太田母斑は「しみ」ではなく「あざ」に分類されるのかもしれませんが、「しみ」と誤診されることもあるので紹介します。

太田母斑の多くは思春期までに発症します。

目のまわりを中心に、片側だけに現れることが多いようです。
そして、青紫がかった色も特徴の1つです。

「しみ」が青紫がかった色の場合、太田母斑の可能性があります。

美白化粧品を使用してもまったく効果がありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。