「しみ」の種類 / 炎症性色素沈着

ケガ、やけど、にきび痕やカミソリ負けなど肌への刺激によって現れる「しみ」で、刺激によって炎症を起こした肌がメラニンを過剰に生成、色素沈着を起こします。

そのほかにも、虫刺されや毛抜きでのムダ毛処理でも同様の症状が起こります。

刺激による炎症を繰り返さなければ次第に色が薄くなっていきますが、治る期間は人それぞれ。2〜3年かかることもあります。

治る可能性の高い「しみ」で、美白化粧品も効果があるでしょう。ピーリングを併用すると、しみを早く消すことができます。

定着する前に消すことが、とても重要です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。