しみ対策 / 遺伝と老化

今のところ、遺伝と老化を止める決定的な治療法はありません。

遺伝的な要素は、持って生まれたものですから、そう簡単に変えることはできないのです。

遺伝的に発症するものとして、そばかすが挙げられます。
そばかすは小児期に発症することも珍しくはありません。
お子様は紫外線の影響を受けやすいので、帽子をかぶるなどの対策をとって、太陽の光をなるべく浴びないような工夫してあげてください。

色白の人も紫外線の影響を受けやすいと言われていますので、日焼け対策はしっかりと行ってください。

残念ながら老化を完全にとめることはできません。

年をとると、新陳代謝の低下します。
新陳代謝が低下すると、非常に「しみ」ができやすい環境になります。
そして、今まで浴び続けてきた紫外線などが原因となり「しみ」を作り出すのです。

毎日のお肌の手入れをしっかりとすることで、老化の影響を減らすことができます。普段の生活を見直してみましょう。お肌に負担をかけていませんか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。