しみ対策 / 肌への刺激

間違った洗顔方法で「しみ」ができることがあります。

ゴシゴシと力をいれて洗ったり、こすりすぎはお肌への刺激が強すぎます。
色素細胞が沈着する原因になりますので注意してください。

泡をたっぷりたてて、やさしく洗うのが基本です。

そして、たっぷりのお水でしっかりと洗い流しましょう。
絶対に泡が残ったりしないようにしてください。洗い残しは「しみ」の原因になりますので注意が必要です。

熱いお湯はお肌の水分を奪ってしまいますので、ぬるま湯で洗ってください。最後に冷水でお肌をひきしめましょう。

洗顔後の、拭き取りも手を抜かないでください。タオルでゴシゴシとこすってしまってはいけません。
タオルで抑えるように、そっと拭き取りましょう。

お肌への刺激は「しみ」の原因ですので、お肌とは常にやさしく接しましょう。

お肌に刺激を感じる洗顔料や化粧品を使ってはいけません。
自分のお肌に合わないなと思ったら、すぐ使用を中止しましょう。

もったいないと思われるかもしれませんが、無理に使い続けることで「しみ」ができてしまい、あとから後悔しても手遅れです。
ここはもったいないという気持ちをグッと抑えましょう。

【肌への刺激・注意点】

・洗顔時、化粧時は力をいれすぎない
・泡をたっぷり立てて洗う
・泡はしっかりと洗い流す
・タオルで拭き取るときもやさしく
・刺激を感じる洗顔料、化粧品は避ける

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。