しみ対策 / 紫外線

しみの原因はメラニン色素です。

メラニン色素を増加させるのが、紫外線です。

紫外線は地球上のどこにいても存在しています。まったく太陽の光を浴びずに生活をすることは、ほぼ不可能。
家の中にいたとしても、ガラスを通過してくる紫外線も存在します。

紫外線は、6月〜8月、1日のうちで10時〜2時が最も強いといわれています。

曇りの日だからと言って安心してはいけません。太陽の光が差していなくても紫外線は存在しますので、毎日のUVケアは必須です。

「しみ」ができる1番の原因は紫外線です。

紫外線を予防する方法は、なるべく日に当たらないようにするということです。

紫外線の強い時期、6月〜8月、10時〜2時の期間は、とくに日光を避ける努力が必要です。

【紫外線対策】

・UV化粧品、その他紫外線を防ぐ商品を利用する
・日差しの強い時間は建物の中に入るなど工夫する
・日傘、帽子、サングラスをかける
・長袖の服を着る

日焼止めの種類に関しては、『「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」』 をご覧下さい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。