「しみ」の種類 / 肝斑

肝斑の特徴は、ほぼ左右対称で、とくに額、眉毛上部、頬、頬骨、口の周りなどに現れてきます。

形は不規則で、色は淡褐色から暗褐色と様々です。
症状の初期は、ぼんやりとくすんだ程度。
そのまま放っておくと悪化し、色は濃くなり、範囲も広がっていきます。

表面はなめらかで、かゆみや痛みなどの自覚症状はありません。

20代後半から、40代の女性に多く見られます。

原因ははっきりとわかっていませんが、妊娠時に濃くなり出産後薄くなることが多く、女性ホルモンが原因ではないかと言われています。

紫外線が引き金となり、発症し悪化する傾向にあることから、紫外線を避けることが大変重要です。

その他の原因として、ストレス、過労、ピルなどが考えられます。

美白化粧品での効果が期待できます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。