「しみ」に効く成分 / トレチノイン

トレチノインとはビタミンA(レチノール)の一種で、しみ、しわ、にきびに非常に効果的な治療薬です。

生理活性はビタミンAの約100倍。ピーリング効果が高く、皮膚の再生を促し、表皮の深い層にあるメラニン色素を体外に押し出してくれます。
また、皮脂の分泌も抑えられるため、にきび治療にも大変効果があります。

米国ではしわ・にきびの治療医薬品としてFDAに認可されており、多くの患者さんに使用されています。

トレチノンはハイドロキノンと一緒に使うと、しみ治療の効果が高くなります。
しかし、トレチノンは使い方を誤ると、逆に新たにしみができてしまうこともありますので、ハイドロキノンと同じく皮膚科の先生の指示に従って使用するようにしましょう。

【トレチノインの効果】

・皮膚の角質をはがす
・肌のターンオーバーを促進
・メラニン色素を外に押し出す
・皮脂の分泌を抑える
・コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。