お肌の大敵 / 活性酸素

活性酸素は、細菌などの外敵から身を守る働きをしており、私たちにとって必要なものです。

人間はエネルギーを作るとき、必ず活性酸素が発生しますが、必要以上の活性酸素は、お肌の細胞にダメージを与え、しみやしわの原因となります。

その他、活性酸素を増やす要因として、紫外線やストレスがあげられます。紫外線を浴びない、ストレスをためないなど対策をとり、さらに活性酸素を減らすことがしみ対策には効果的です。

活性酸素を減らすためには、抗酸化成分を含む食品から摂取することが大変有効です。抗酸化成分とは、ビタミンC、ビタミンE、鉄、亜鉛、銅、セレンなどのミネラル、ポリフェノール、カロテノイド、カテキンなどのファイトケミカルのこと。積極的に摂るように心がけましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。