「しみ」の種類 / 日光角化症

日光角化症は、顔や手の甲など、日光の日差しをよく受ける場所におきやすい皮膚の腫瘍です。

形はわずかに盛り上がっているのが特徴で、茶褐色や紅い色素斑です。

放っておくと、皮膚がん(有棘細胞がん)に進行する可能性がありますので、しみと思っていたものが急に大きくなったり、盛り上がったりするなど、急激な変化を起こしたら、皮膚科での診療をおすすめします。

皮膚がんの約20%は、日光角化症が原因だと言われていますので、何かおかしいなと少しでも感じたときは、医師の診断を受けることをおすすめします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。